総量規制対象外とは

まず、総量規制について説明していきます。
2010年に新たに改正賃金業法によって、借りすぎ貸しすぎを防ぐために制定された「個人の借入限度額が、原則、年収の3分の1までに制限される仕組み」のことです。

 

年収が600万なら限度額は200万まで、ということになります。
それ以上を超える借入はできません。
一部除外、または例外となる借入もあります。
総量規制の対象となるのは、

  • 消費者金融
  • 信販会社
  • クレジット会社

の3つです。

 

消費者金融だと、アコム・プロミス・モビットなどがあります。
信販会社クレジットは、日本信販・オリコ・ジャックスなどです。

 

これらの金融機関は総量規制の対象となっているので、契約者への融資限度額は年収の3分の1までとなっています。

 

そして、これとは反対に総量規制対象外となる金融機関は銀行カードローンです。
具体的な例は、

  • 自動車ローン
  • 住宅ローン
  • 個人事業主の借入
  • 不動産担保の借入
  • 高額療養費の借入

などがあります。
つまりクレジットカードやショッピングローン、消費者金融からの借入以外は対象外ということです。
この銀行カードローンを選ぶ上でのメリットは、何と言っても金利の安さと主婦でも審査が通ること、の2つです。
消費者金融とは違い、資金調達のコストが安い分、低金利での融資が可能になります。
融資額が大きければ大きいほど、金利の利率によって総返済額が大きく変わてくるので、低金利ならば返済の負担が少なくなります。
それともう一つ、銀行カードローンは審査が厳しいイメージですが、実は収入のない専業主婦でも唯一お金を借りれるのが銀行カードローンです。
消費者金融や信販会社だと、契約者に一定の収入がない場合は借入ができないことがほとんどです。
しかし、銀行カードローンは配偶者に安定した収入があれば、契約者が無収入でも借入が可能な場合が多いのです。
しかも、配偶者の同意書や収入証明書が不要で身分証一つで契約ができるのも嬉しいメリットです。
旦那さんにこっそり内緒で借りれるのです。
専業主婦でも借りられる銀行カードローン一覧です。

  • 新生銀行カードローンレイク
  • 三井住友銀行カードローン
  • みずほ銀行カードローン
  • 三菱東京UFJ銀行カードローン
  • イオン銀行カードローンBIG

それと窓口に行かなくてもホームページからインターネット申込ができ、そこから審査をしてくれます。
早めに申込をすれば即日融資も可能です。
銀行カードローンは主婦の味方とも言えますね。

 

サイトタイトル:借入※安心のカードローンは?徹底比較で検証しました【借入123】
URL:http://www.zvakwana.org/

 

このサイトでは借入の限度額についてより詳しく解説されています。
各カードローン会社でどれくらい借りることができるのか申込前に確認しておきましょう。