総量規制対象外のカードローン

総量規制対象外なら専業主婦でも借り入れが可能

主婦がお金を借りたり、ローンを組んだりする場合、総量規制が目の前に立ちはだかります。総量規制とは、債務者を借金地獄から救うために、借入額を年収の3分の1までに制限した制度のことです。たとえば、年収が600万円であれば、借り入れることができるのは、その3分の1である200万円までということです。

 

この制度により、専業主婦は事実上、貸金業者からお金を借りることができなくなりました。収入がないので、年収制限に引っかかってしまうからです。しかし、この制度が対象にしているのは、消費者金融やクレジットカード会社であって、銀行は含まれません。つまり、銀行のカードローンであれば、総量規制対象外なので、収入がなくてもお金を借りることができるのです。
実際にも、配偶者に安定した収入があれば、専業主婦であっても融資が行われています。しかも、配偶者の収入証明書があれば、配偶者の承諾がなくても融資を行っているところもあります。
また、消費者金融やクレジットカード会社からの借入れであっても、配偶者貸付制度を利用すれば、自身に収入がなくても配偶者に収入があれば、お金を借りることができます。ただし、この場合は、配偶者の同意が必ず必要になります。
なお、パートやアルバイトで安定した収入が得られていれば、総量規制対象外です。正規の社員であるかどうかは、審査に影響を与えるだけで、融資を禁止するわけではありません。ただし、年収が少なければ、その分だけ融資額も少なくなります。