銀行カードローン

専業主婦も利用できる!総量規制対象外の銀行カードローン

日本には、無職の人にはお金を貸せないという「総量規制」の法律があるために、収入がないとカードローンの申し込みをしても却下されてしまうことになります。もし無職なのに簡単に貸してくれるというのは、闇金の可能性があるので注意が必要です。
では、専業主婦で自分の稼ぎがないという人が、お金を借りたい場合にはどうすればよいのでしょうか?
専業主婦というのは、そのほかの無職の人とは扱いが異なります。確かに総量規制対象となっている消費者金融は借り入れはできません。しかし、総量規制対象外の銀行カードローンなら、あっさり審査に通過し借り入れすることが可能になります。これは、配偶者の収入を世帯収入として考えられるためで、専業主婦には返済能力があると判断されるためです。
つまり、どこのサラ金に行っても全部門前払いだったのに、メガバンクの大手銀行ローンなら簡単に貸してもらえることがあるというわけです。
しかも、すでにその銀行の口座を持っているという場合はさらにスムーズで、ちょっとした必要事項を入力するだけで、カードローンが利用できるようになることもあります。ローンカードの発行ではなく既存のキャッシュカードにキャッシングの機能が追加されるという形で、即日中に利用できるようにもなります。
ですので、お金に困ったというのであれば、闇金に走ったりせず、まずは普段から利用しているバンクに問い合わせをしてみることをおすすめします。