消費者金融で借りる

消費者金融で駄目だった方は総量規制対象外へ

カードローンを利用する場合には、必ず審査を受けなくてはならず、その審査の基準は様々です。中でも最も重要なことは収入に関することですが、これに関しては消費者金融と銀行では異なる点があります。

 

カードローンやキャッシングでは過去に悪質な取り立てを行ったり、高金利の設定する悪徳業者の存在が問題となっていました。それにより、借金で破産する人が増加してしまいました。

 

この事態を改善するために国は年収の3分の1を超える金額を融資してはならないという法律を制定しました。この法律のことを総量規制と呼ぶのですが、この法律制定後は借金で破産するケースも減少してきました。

 

しかし、実はこの総量規制という法律は消費者金融でのみ対象となっていて、銀行では総量規制対象外となっています。ですので、年収の3分の1を超える金額を融資してもらいたい場合には消費者金融は避けるようにしてください。

 

また審査に落ちたとしても、その理由が借り入れ額が年収の3分の1を超えるものであった場合には、総量規制対象外の業者に申し込みをすることで審査に通る可能性があります。

 

もちろん、これ以外にも審査する項目はたくさんありますので、即日で借り入れができるわけではありませんし、その他の項目がクリアできずに審査に落ちてしまう可能性もあります。

 

その他のチェック項目としては、雇用形態や勤続年数、住居形態、家族構成、同居人の有無、固定電話の有無などになります。